Have a Nice Die!!


by yuki1104-919
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

着実に近づいてくる黄色

えーとQMRⅤとVenus Vectorがかかってました!!!
QMRはなんか意外と静かでした。「量子の暴走」がテーマだとか。んームズ。あとなんか、ピアノでペラペラリラリラリーみたいな音が入ってました(なんだそれ)。
Venus Vectorは…★☆★☆★☆★って感じでした!スピーカーから星が出てくるのが見えました。星グランマニエ(え?)。試聴で聴いていたんですが、本当にキラキラ。王道だね。こういうの大好きです。サッカーのBGMとかになりそうな感じ。winter muteの虹verって感じがしました。しかもまたまたお約束の下げて上げるフェイクです!盛り返し!ということはまた超長い?この曲は、中越地震のニュースを見て逆に自分が励まされることが多く、希望をテーマにした曲を作りたいと思い作ったそうです。その希望の象徴としてのビーナスだとか。
黄色について、パラドックスの話になり、電球の話をしてました。「トムソンの無限ランプ」というパラドックスだそうです。
「まず電球のスイッチを入れると、1/2分間、電球がつく。
 1/2分たつと消える。今度は1/4分たつと、またつく。
 1/8分たつと消える。1/16分たつとつく。1/32分たつと消える…
 これを繰り返すと、最初に電球をつけてから1分後、
 この電球はついている?それとも消えている?」
これってようするにあのアキレスと亀のパラドックスと同じことなんですよね。無限に足していくと結果は有限に収束するという。アキレスの場合、考えるとわからなくなりますが現実にそれをしたらアキレスが亀を簡単に追い越せるのは確かですよね。でもコレは、どっちなんだろう?って考えてしまいました。無限は奇数か偶数か?奇数でも偶数でもないのでは?でも実際にはついているか消えているかどちらかが起こらなければならない。上のサイトに答えが書いてありますが、もうちょっと詳しい説明がほしいところです。来週答えを言ってくれるらしいので期待しましょう。
追記:何か、パラドックスで検索してたら「タイムパラドックス」という競争馬があるらしくそればっかり引っかかっておかしかったです(笑)。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-11-27 19:58 | 浅倉大介