Have a Nice Die!!


by yuki1104-919
カレンダー

<   2004年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

まったり

b0058382_2343069.jpg

今ごろ大宮ではあんなことやこんなことが行われているかと思います。しかし私が外出しようとすると雪が降りますね。雪女ですか。トンネルを抜けるずっと前から雪国でした。来年の目標その2はaccessライブに行くで!活動次第なんですけど。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-31 23:43 | Others

タイムトゥカンダン

accessのメッセージがアップされている!るるる!だーいちゃんかーわいいなー。もうアクセスは目からしてとろんとしてるね。でヒロのほうを向くと白目が見えるからヒロを見てるときだけやたら目を見開いてるようだ。もーかわいいですよこの襟足おっさん!パチパチの時は妙に感じたけどいつのまにか自分の中でアリになっているこの襟足。今は愛しい襟足。aikoにそんな曲あったね。太一とaikoが早く結婚しないか楽しみにしていたあの頃を思い出してしまったじゃないか。そんなことまで想起させるいたづらな襟足(どんな)。途中で笑っててもうかわいい!!もうお互い年齢はミニコントでごまかす方向なんですか。ちょうど去年の今ごろのムービーで、「来年は申年!ヒロの年だね」とかいってその後36?とかつぶやいてた様子から、どうも大ちゃん"ヒロ=猿"ってだけじゃなくて根本的にヒロの歳勘違いしてないか?と思ったのを思い出した。そして、来年は24になるのかそうか。
問題の新曲もどうやら完成したようで、そうなるとこちとら募ってくるのは行きたいという気持ちです。ここにきて急激にです。大晦日は大宮アルシェを新幹線の車窓から眺めながら、accessファン的人の流れに逆らって首都脱出いたします。スキーに行くことを本当に望んでいるのは父親だけのようで、正直な話父親風邪ひけばいいのになんて思っていたりします。すいません。スキーが嫌な理由(1)5~6年毎年やってるのにマジでボーゲンしか滑れない。初心者コース・中級者コースを飽きずに滑り続けることにかけては自信があるが。(2)行くこと自体がめんどくさい。正月は家でごろごろしたい。まあごろごろはもう試験終わりから今までに嫌というほどしたのも確かだが…しかしスキーは下手なりにいざやると結構楽しいと思われますので、満喫してまいりますね。

テレビは、今番組表を見て必死に考えてみたのですが、ドラえもん(笑)→紅白・細木・たけしをぐるぐる→芸人→ナイナイ→CDTVとジャニとナイナイをぐるぐる。って感じで年越しの瞬間は(心の中で大宮の盛り上がりを想像しつつ)ナイナイなんじゃないでしょうかね。格闘技ウザイ。あっちでラジオ聴けないんで、うちで1号機(自分の)=NACK5、扱いに慣れてない2号機(リビングの)=ニッポン放送、でフル稼働の予定(この選択でaccess>西川が浮き彫りに)。予約しとかなくちゃー。

DAnetもお正月モードですか。そして山野またうちに歩かせる気ですか。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-31 04:03 | access
今年やり残したことといえば、そう塾の宿題。繰り越し決定です。というか成績、日ごろの勉強一般にいえることなのですが、やらない→自己嫌悪→開き直り→やらない→ガタが出る→決心→やっぱりやらない(振り出しに戻る)のデフレスパイラル。この自己嫌悪時の悩み・落ち込みっぷりが尋常じゃないにもかかわらず、一晩寝れば開き直りの∞パワーで何もかもがリセットされるために、全くもってなにも改善されていません。来年はこのスパイラルを断ち切ることを目標にしたいと思います。まだ手遅れではないはずです。決心→やっぱりやらないの段階を解決できればすべてOKなのです。今一番欲しいのは、現実に目を背けず、ゆっくり、しっかりと歩き出すことができる勇気。それを自分の力で手に入れよう。

先ほどのネオエイジでNeo Ageが流れたんですが(ややこしい)、昨日あんなに虹シリーズについていろいろ考えたのに、虹とは元々この曲の歌詞から出てきたことだということをすっかり忘れてました。半年振りくらいにそのことを意識しました。ちょっと前、普通に「あー、Neo Ageって虹って言葉入ってるんだな」とか思っちゃったじゃん!思い出させてくれてありがとう(笑)>遥子ちゃん。虹シリーズを作ることが発表されてから紫発売まで、結構この曲を聴いて、どんな風になるんだろうって考えたりしたな。「描けたらいいね」って本当に描いちゃうんだからすごいよ。この曲って虹シリーズのみならず、浅倉大介っていう人間のテーマ曲みたいな曲ですね(IMの曲なのに/笑)赤盤にボーナストラックでNeo Age 2005とかありそう。大ちゃん大好きだー!(謎)
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-31 02:18 | 浅倉大介

虹を架けよう

今年一年で、生活に占める大ちゃんの割合がものすごく高くなりました。私が本格的にファンになったのは去年6月ごろ。それから今年3月に至るまで、Livin' GHOSTの終わりの方とTMトリビュートに始まりちょこちょこイベントやクラブイベントなどありました。しかしライブはファンになってからあまりにもすぐすぎました。クラブイベは年齢的に無理だし、マッズパリやディナーショーは価格的に無理だし、accessカウントダウンは日程的に無理だし。たとえそういう事情がなかったとしても、金も度胸も経験もない私は、ライブやイベントにひょいと飛び込んでいくことはできなかったでしょう(西川がそれ)。その間リリースといえばSequence Virus 2003とプロデュースぐらいしかなかったから、過去の音源を必死に集めて聴いていました(今年ファンになってたらそんなお金はなかったかもなあ)。そこに来た、虹シリーズ発売の知らせ。度肝を抜かれたとはこのことでしょうか。

ファンにとって、アーティストがコンスタントに活動してくれることほど幸せなことはないでしょう。しかも常識ではありえない、前人未踏レベルのコンスタントさ。いつも新鮮な驚きを感じ、新鮮な音をそばに置いておけることが、こんなにも楽しいことだとは。まさに「定期配信」。この表現が妥当かわからないけど、音楽をこんなにも芸術的なものとして捉えたのも、虹シリーズが始まってからです。音から何かを感じとろうという強い意志をもって、音楽と向き合ったのは初めてだったのです。私が最初に出会ったのは、TMRのプロデューサーとしての浅倉大介でした。それから聴いてきたDA音楽も、多くはチャートを意識して作られたユニットやプロデュースもので、あまりソロやコアなユニット活動を真剣に聴きはしませんでした。だけど虹シリーズの中の浅倉大介は、ソロミュージシャンであり、ひとりの表現者だったのです。しかもそれはそれまでのどの作品よりも、自分のやりたいことだけを追及した作品群です。だから紫盤を目の前にして、私は最初かなり戸惑いました。だけど、繰り返し聴き、大ちゃんの曲についてのコメントを聞き、また繰り返し聴いていると、何かが見えてきたような気がしたのです。大ちゃんの言っていた言葉のひとつひとつが、なんとなく理解できたような気がしたのです。そのタイミングで藍盤を手にして、すごく好きになりました。

誰かから与えられたものではなく、自分で選び、ファンのために、だけど自分のために、虹という形のない対象をただひたすら追い続け、形のあるCDとして、本当に欲しがる人たちだけに宛てて世に出す。こんな活動ができる人は、彼以外にいないでしょう。だからこそ浅倉大介に出会えてよかったと思うのです。なんとなく聴くものに関しては、それはそれでいろいろな人の音楽を聴いてみたくはあるけれど、本質の部分で代わりは利きません。そんなにどっぷり浸かったのは、やっぱりどう考えても、虹シリーズの威力のせいなのです。

このQuantum Mechanics Rainbowという企画は、「虹」という、誰でも知っているものが題材です。虹に「夢」とか「希望」とか、そんな言葉を象徴させるのは簡単です。でも浅倉大介という天才は、もっと真摯に虹を見つめていました。彼の音楽を聴くことは、天才の思考に触れることだから、いつも新鮮なんでしょう。私の頭の中では、そうして感じた印象は、強烈なイメージとなって、それぞれの色に焼き付けられていっているような感じがします。最初に頭の中にあった虹のそれぞれの色の上に、浅倉大介的音の虹のイメージとしての色がどんどん塗り重ねられていって、これまでよりずっと深い輝きを放つものになっていっています。最後に残った赤色の上に赤盤のイメージを振りまいたら、綺麗な音の虹が架かるんです。一色一色を見ることはもうたくさんしたから、架かった虹を少し遠くから見てみたいです。

まだ大ちゃんにはいい意味で理解できないところがたくさんあるし、これから先もっともっと色んな大ちゃんが見られると思います。そして私もまだまだもっと色んな驚きを味わえるだろうし、また色んなものをもらえると思うのです。だけど今は、こうやってリアルタイムでこの虹が架かっていく過程に居合わせていることが、すごく幸せ。大ちゃんに出会わなければ、「キレイなものをキレイと感じる心」、忘れていたと思います。ほんとにありがとう。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-30 02:19 | 浅倉大介

スペシャルアイテム

CDはオレンジのプチプチのやつに入ってました。普通のマキシ用のケースでジャケはなし。開けるところにぐるっとタイトルの書かれたシールがついていて、私はこれを開けるためになぜか裁縫用の縫い目を解くやつを使用し、ケースが軽く傷つきました。考えすぎて却って悪い結果を招いたいい例ですね。冷静に裏にくっついてる分を剥がせばよかったと思われます。

Le Petit Princeはこのあいだネオエイジで流れたやつで聴くのは2回目でした。黄色verとはほんとに全然別物ですねー。このころから結構声楽チックな曲作ってたんですねー。

そして2曲目は去年のディナーショーのピアノ即興曲"Christmas Greeting 2003"。当然初めて聴きました。私は去年のときに説明だけ聞いてほんとにラドレのみでメロディが構成されてるんだと思ってたら別にそういうことじゃなかったのですね。ラドレっていうフレーズから流れるようにどんどん発展していく曲です。"雪が舞い踊る"という表現がなんとなくしっくりくるような。

限定マキシのほかにずっと買いそびれていたSequence Virus 2004も買ってきました。04には裏に発売日とか書いてあるんだなあ、とか思ったらよく見たら03にも書いてあるしねー。黄色で見えない。2つを比べたら04にはPRESSED IN TAIWANという文言が加わってました。がんばれダーウィン(笑)

全体的に今年になってからの曲たっぷりで、収録時間も増えたしよかったですね。このテの曲の中では元曲ではダントツでDivision by Zero errorが好きなんですが、ちょっとそのまま過ぎたのが残念(リリース前だからしょうがないか)。まあそれはいくつか他の曲でも思いましたけども。その点では逆にAngel Algorithmはデモ版的でおもしろかったです。ボーカルはなくともちゃっかり中国語は入ってるんですね。ride on freeとか元々が03収録のバリバリリミックスで、それに更に新しい音を付け足した感じ。総合的にはrobotsが気に入りました。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-30 01:15 | 浅倉大介

下馬snow

23日に告知を見た瞬間から私の心を捉えて離さなかった、25日発売のWinter Shop300枚限定「NEW YEAR PACKAGE 2005」。しかしひょんなことから25日に行きそびれたおかげで、行こうかな→なかったら嫌だな→やめとこう→やっぱりまだあったのかよ…な感じでずっと行きそびれていたわけです。しかし「あと少しです」のアナウンスに奮起し、今行かずにいつ行く、明日は行こうと決めたのが昨日。

そして今日(自分としては)張り切って10時半に起床したら雪降ってらー!雪の変換候補が1.ユキで2.由姫だったじゃーんもう。雪幻でホワイトライツでマーシースノウだすよー。しかしこれしきでへこたれるわけには行かぬ、とよくわからない決心をし、外から見たらわからない程度にやや曲がっている傘を差していざ下馬へですよ奥さん。

下馬ではご本尊&お犬様ズのビデオメッセージが流れていました☆かわいい!かわいい!かわいい!(以下∞)かわいすぎる!なぜ37歳のおっさんがこんなにかわいいんだ!犬とじゃれてる表情が一番かわいいから!アニアル万歳!「紫聴いた人ー。よしよし♪藍色聴いた人ー。あれアーちゃん藍色聴いてないの」とか言ってるんです。もうかわいいのなんのって!犬!犬!いーぬー!!!!犬LOVE!かわいいのは、大ちゃんですけど。このメッセージも犬がいなかったら多分、「あー、大ちゃんだ」ぐらいにしか思ってなかったんじゃないか。マジでかわいかったです。

ステッカーお正月verが2種あって1枚買ってきました。座布団に座ってお辞儀してるほう。この前買ったクリスマスverは雪が降っててアニアルがトナカイの格好してるほうです。これらのステッカー、夏のシールより数倍かわいく見えるのはフルカラーのせいですか?特に今回のはかわいいよ!

買ったCDの感想は後で書きまする。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-29 19:57 | 浅倉大介

降りすぎ

b0058382_15574364.jpg

どこまでも限りなく降り積もってる。
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-29 11:36 | Others

雪だよー

b0058382_11265659.jpg

雪幻。
↑ってこのコメント意味不明ですよ
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-29 11:26 | Others

渋谷では

今ごろ男祭りもそろそろ終わる頃でしょうか。
ですけど昨日は「緋の砂」と「CHASE/THE THRILL」が流れましたよ。ええ。

More
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-28 20:40 | T.M.R./西川貴教

M-1グランプリ

アンタッチャブルが優勝しましたねー。
好きだったんでうれしかったです。なんかあのネタをほかの人がやってもつまんなそうな気がするけど、勢いがあって好きですー。決勝の最後のアンタッチャブルと麒麟と最終決戦しか見てないんですが、やっぱりアンタッチャブルが一番おもろかった。前エンタで見た、友達が死んじゃったコントが好き。
よくアンジャッシュと混同して困っています。と思ったら同じ事務所じゃん。しかもなんかうちのOperaでこのページ見れないんですよ。中のアンタッチャブルのページも全部。なんだかなー。アンタッチャブル=手をつけられない、だそうで、それはわかるけど、アンジャッシュってなんやねんと思い調べてみるとこういう意味らしい。以下抜粋

以前は雑誌のインタビューなどで 『UN=否定、J=喜、A=怒、S=哀、H=楽 ・・・ 「表情」がないといわれたことから。』 という風にまともに答えていましたが、いちいち真面目に答えるのがめんどくさいので、「スワヒリ語で 太陽」 という意味に統一するそうです。( 注 : 本当はスワヒリ語にこんな言葉はありません。)

へぇ。でも勝手にスワヒリ語の言葉作るなよ!(笑)
[PR]
by yuki1104-919 | 2004-12-27 15:58 | Others